FC2ブログ

ブランド品の鑑定法②



「コピー屋は何故コピー品を作るのか?」


ズバリ、「儲かるから」です。



例えば、ヴィトンの財布で正規新品で7万円としましょう。
コピー屋はこれを15000円で出したとしましょう。

15000円で売って儲けようと思ったら、一体幾らで製造しなければならないのでしょう?

原価3掛としても4500円。
が、逮捕されるリスクを考えると、もっと利益が欲しいでしょう。
すると原価は2000円ぐらい??あくまで予想ですが・・・


まあ、百歩譲って4500円で造っているとしても、
たった4500円でどれだけ良い物が造れるでしょう?

当然、本物とは圧倒的な品質の差が出できます。


鑑定とは、そういったところに着目して、
主に消去法でハネていく場合が多いです。
幾つかの査定ポイントをくぐりぬけた物を「本物」と称す訳です。
100%の鑑定をする事など、それを造った人か、造った企業でもなければ不可能です。





以上が初歩鑑定法です。



「え??・・・いや、まだ何も・・・??」



いえいえ、だから、「品質が違う」という事です。

具体的には・・・








つづく・・・

ポチッと応援お願い致します!!⇒人気ブログランキングへ

テーマ : ブランド・ショッピング
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : ブランド品 仕入れ 査定 鑑定

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
サイト内検索
オススメの本
ヤフオク
ランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

ippei26

Author:ippei26
大阪天満・天神橋でレンタルボックス(レンタルショーケース)+リサイクルショップを経営してます。